薬 局

当院薬局では調剤業務、服薬指導、DI業務、製剤業務を通じて、患者様に安全、最良の治療が提供できるように努めています。

ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)にも参加し、チーム医療の一員としてよりよい医療が提供できるように医師、看護師や他の医療スタッフと連携し医薬品の適正使用を推進しています。

当院ではジェネリック医薬品の使用を推進しております。ジェネリック医薬品とは厚生労働省が先発品と同等と認めたお薬で、特許がないためお薬代の負担が少なくなります。


業務内容

調剤業務

患者様の年齢、病歴、検査データ等考慮した上で用量、用法は正しいかどうか、相互作用はないか、重複していていないか等厳しくチェックしています。

ほとんどの入院患者様に対し、飲み間違いのないよう薬は一包化しています。調剤したお薬は必ず薬剤師が二重チェックし調剤過誤を防止するよう努めています。

薬剤管理指導(服薬指導)業務

患者様あるいはご家族に対し、薬の飲み方、副作用、注意事項を説明しています。ベッドサイドへ伺い、副作用が出ていないか、効果はあるか、飲み忘れはないかの確認を行っています。

薬品情報業務(DI業務)

医薬品に関する情報を収集し、服薬指導を通じて患者様に提供します。医師、看護師や他の医療スタッフに対し、安全性、適正使用に関する最新の情報を提供しています。医薬品に関する問い合わせに対応しています。

製剤業務

市販されていないお薬の調製を行います。

外来患者様への対応

当院は外来で診察を受け投薬が必要な患者様に対し、院外処方せんを発行しております。
かかりつけの調剤薬局に提出し、お薬をお受け取り下さい。院外処方せんは発行日を含め4日間が有効期限となりますが、できるだけ早めにお薬をお受け取り下さい。

病院内で個別にインスリン等の自己注射の手技の説明や、手術のために中止するお薬の説明も必要に応じ行っています。お薬に関するご相談も随時受け付けております。

実績

実績は「こちら」