栄養課

石川病院栄養課では「患者様の立場に立った栄養管理」をモットーに、患者様に合った食事の提供を心掛けています。

管理栄養士がベッドサイドを訪問し、患者様1人ひとりにお話を伺うことで、それぞれに適切な栄養管理を行い、症状の改善や生活の質の向上に努めています。

また、患者様にとって、食事は治療の一環であり、楽しみのひとつでもあります。

入院中に少しでも季節感を味わって頂けるよう、月1回の行事食を提供しています。

栄養指導・糖尿病教室

当院では、医師の指示のもと、入院・外来患者様やそのご家族に対して、栄養指導を行っています。糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病に対する食生活のアドバイスの他に、飲み込みに不安のある方のお食事の作り方など、ご家庭でも安心してよりよい食事ができるように、お話しています。

その他、外来患者様対象に糖尿病教室を行っています。医師、看護師、管理栄養士、リハビリなどのスタッフが糖尿病について分かりやすく解説します。(偶数月第3水曜日、要予約)

NSTチームとして

入院患者様の栄養管理を行うチームとして、NSTがあります。私たち栄養課もメンバーの一員として活動しています。

主な活動は、入院中、栄養改善が必要な患者様、食欲がない患者様等に対して、チームで栄養管理を行い早期回復に努めています。

※NSTとは・・・Nutrition Support Teamの略語。

入院患者さんに最良の栄養療法を提供するために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、臨床検査技師など多職種で構成された医療チーム。